婚活はホントに多種多様。自分の性格と相談してフィットする婚活パーティーを賢く選択

Digg にシェア
Pocket

最近、あちらこちらで開催されている婚活パーティーですが、中の様子がわからないと女性は、ちょっとためらうのが普通です。

そこで、A型さそり座というけっして交際上手ではない、どちらかというと人見知りタイプなアラフォーの体験記です。

自分の性格をちゃんと知って参加しないと、最初は緊張しまくりの婚活パーティー

今年10月にはアラフォーになってしまう未婚です。
会社勤めですが、仕事はみんなに揶揄される「なんでも総務」です。
わたしの陰の愛称は「お局さん」。
確かに総務では二番目の古株で、上司からは言葉こそないものの「寿退社はいつだね」的な視線を感じてプレッシャー受けまくり。
20代前半の子が多いから、よけい目立ってしまうんですよね、ちょっと悔しいけど、年齢には勝てません。

けっして焦ってるわけじゃないけど、でも、結婚の予定ぐらいあるよって、周りに思って欲しいんです。
そんな微妙なお年頃です。
そこで、はたと気づいたのが婚活パーティーという出会いの場でした。
もちろん、自然に普通の生活の中で、「あっ、この人」ってピンとくる出会いがあれば一番ですが、なんせ総務といえば社内業務がほとんど。
それも、交わす言葉は事務的なものばかり。
営業みたいな他社との人的交流があれば、出会いも刺激もあるんでしょうけど、部内の懇談会では、いつも顔を突き合わせてる退屈なおじさんや、話の合わない若手ばかりです。
出会いについては、ほんとに無風地帯といっていい環境です。

そこで、婚活パーティーへの参加となったのですが、最初に参加したのは、まず婚活パーティーとはどんなものなのか知りたかったので、女性は無料というところへ行ってきました。
でも、正直にいうと「なんだかなー、微妙」というのが実感です。

なぜって、来ている年齢層がバラバラ。
20代から50代までで、しかもちょっと肉食系まるだしの男性が多くて、かなり引き気味になりました。
一方の女性陣は、婚活には無関心っぽい人がいっぱい。
時間つぶしなのか、提供されるお茶やスナックが目当てなのかという感じで、婚活のイメージがわきませんでした。

出典 婚活サイトで良い出会いをする https://www.konkatsu-enmusubi.com/
婚活サイト口コミおすすめ比較ランキング成婚率人気アプリのコンムス!

イベント企画+婚活は、みんなでわきあいあいの楽しい時間

その次に参加したのは、女性も有料のわりとしっかりした企画をやっている婚活パーティーでした。
とりあえず、お試し的な体験コースがあったので、そこに参加することに。
ちょっと広めの会場に、椅子とデスクがいくつも輪になるように配置されていて、女性は輪の内側に、男性は外側に座り、数分話すと次の男性が着席して話し始めるシステムです。
輪になって踊るフォークダンスで、次々と相手が変わっていく、あんな感じのパーティーでした。

これ、愛想のいい人とか初対面でも問題なく打ち解ける人にはいいんでしょうけど、そうじゃない人にとっては、ちょっとハードルが高いかもです。
血液型A型で、しかも人見知りなさそり座の私には、誰かと仲良くなるというよりは、誰になにを聞かれるんだろうと緊張しまくりです。
素敵な人を見つけるというよりは、その場に慣れるのが精一杯というイメージしか残りませんでした。
こういう場は、きっと参加する人の性格でフィットしたりしなかったりです。
でも、積極的に話ができて、刺激的なことが好きな人には、きっと好評でしょう。

そして、3回目に行ったのが、婚活とイベントを組み合わせたものでしたが、これは私のような性格にはぴったりでした。
これ、バスツアーで、ワイン工場を見学しながらの紺活なんですけど、「これから婚活しますよ」っていう緊張感がなくて、乗り合わせたツアーの乗客同士で仲良くやりましょう的なのりなんです。
だから、緊張感もないし、ほんとにわきあいあいなところが特長でした。
ワイン工場では試飲会があって、お酒の力も借りてリラックスできるし、ふだん無口な私も、打ち解けて話すことができました。
交際相手を見つけるまではまだまだですが、少し興味のある人もできたので、また、参加します。

Digg にシェア
Pocket