国内におけるプラセンタ研究

Bookmark this on Digg
Pocket

プラセンタについて、日本国内で研究が行われはじめたときは、埋没療法という方法が一般的でした。
これは、麻酔をして皮膚を切開し、そこにプラセンタを埋め込むというものでした。
例えばこれまで施術を受けたオードリーやチャップリンなどが使った方法も、この埋没法を中心としたものだったのです。

日本での埋没法

日本においても、埋没療法は様々な形で使われることになり、その中でも発展していくことになりました。
例えば埋没療法の一つとして、冷蔵したへその緒の一部を、腕や尻といった部位の皮膚の下に埋め込むという形が取られました。
体内に埋没させたへその緒は、一か月で吸収され、体内に浸透していきます。

現代でのプラセンタ療法

埋没療法から時代が進み、プラセンタの研究が進んだ現在は、プラセンタ注射が主な方法となっています。
注射によってプラセンタを直接体内に取り入れ、サプリメントやドリンクといった別の形で吸収するよりも効果が高いといわれています。
注意したいのは、プラセンタの施術であくまで美容効果を目的としている場合、健康保険の適用外になるということです。
治療という意味ではなく、本来は体に必要がないものであるということは、深く意識しておくべきでしょう。
プラセンタ治療を受ける場合には、その費用に関しては全額負担をすることも視野に入れておきましょう。

Bookmark this on Digg
Pocket