プラセンタ注射による治療や施術方法について

Digg にシェア
Pocket

プラセンタを注射によって体内に注入する場合は、筋肉注射になります。
点滴によって注入する方法との違いは、効果が実際に現れるまでにゆっくりと時間がかかるという点になります。
あくまでその人の体質によっても変わってきますが、注射をした場合には、翌日から二日目から効果が表れてくるようになります。
これに対して点滴の場合は、すぐに効果を感じるという人のほうが多いようです。

点滴と注射の違い

点滴によってプラセンタを注入する場合、注射と違い筋肉注射ではなく血管に注入することになります。
そのために、身体に効果が表れてくるのが注射よりも早いということでしょう。
頻度としては最初は週に二回くらいの頻度で行う必要があります。
もし、時間や費用に余裕があるのであれば、週に三回くらいの頻度で通うことでさらに効果を感じやすくなるでしょう。

治療を続ける期間

プラセンタ注入の施術は、2か月から3か月くらいの継続を目安にするのがいいでしょう。
痛いことが苦痛と思う場合には、お尻に筋肉注射することで、痛みをあまり感じずに注入することができます。
また、一つの腕に続けて注入することで負担がかかってしまうのを分散するため、両腕に半分ずつ注入することもあるようです。

Digg にシェア
Pocket