プラセンタの持つ効力とは

Bookmark this on Digg
Pocket

日本人の女性の変化

この数十年という短い期間で、日本の女性の美的感覚は大きく変わってきたといえるのではないでしょうか。
十年前と比べてみても、流行は異なり、女性の美的レベルもかなり水準が上がってきていることが感じられるかと思います。
そこには化粧品の質だったりテクニックが進化してきたということも関係があるのかもしれません。
ですが、そもそもの顔立ちのつくりが昔とは異なってきているということも間違いなくあるでしょう。

美しさと健康を維持する

気を付けたいのは、決して美しいからといって、それがつまり健康的であるとはいえないという点です。
肩こりや不眠症や肌荒れ、といったような症状を、若い女性が感じていることも現実として起こっています。
本来は50代くらいの年齢からあらわれはじめるこういった症状を若い女性が感じているとなると、身体の内側が高年齢化してきているのかもしれません。

女性にとっての健康と美

女性であれば、誰でも美しく健康的でいたいと感じるものでしょう。
普通に考えるとそれだけの状態を手にするのは難しいことと思うかもしれませんが、プラセンタであればその理想に近づくことができます。
プラセンタならば、アンチエイジングに高い効果を発揮し、若さと美容と健康という三つの柱をすべて支えてくれる療法を受けることができるでしょう。

細胞も錆びてしまう

細胞は不飽和脂肪酸という脂の膜によって覆われていますが、これが錆びてしまうということをご存知でしょうか。
細胞はその内部で、錆に対する対策方法をいくつも持っているのですが、それでも細胞膜が錆びてしまうということが起こります。
錆びてしまった脂、つまり過酸化脂質は、身体の老化に対して大きな影響を与えてしまうことになるのです。

細胞膜の錆はどこにでも起こる

身体のいたるところで、細胞膜が錆びてしまい、身体の老化を発生させるということが考えられます。
さらに、膜だけではなく細胞の核までが錆びてしまうことになると、その細胞が分裂することでガンと化してしまうこともありえます。
一つの細胞が錆びて老化をはじめてしまうだけで、それが広がっていってしまうということなのです。

過酸化脂質が皮膚の老化にもつながる

とある実験で、人間の頭皮やフケといった皮膚の一部から、過酸化脂質を検出しデータを集計しました。
そこで検出されたスクワレンの過酸化脂質を、人工的に合成し実験として人工皮膚に塗布すると、塗布された人工皮膚は一日のうちに細胞がほとんど死滅してしまったのです。
酸化していないスクワレンの場合は、塗布しても人工皮膚に対して影響はありませんでした。
皮膚が酸化すること、そしてその酸化によって過酸化物が生み出されることが、皮膚の細胞に影響を与え、老化の原因となっていくのです。

皮膚の酸化を防ぐために

こういった細胞の酸化を防ぐために有効な成分としては、ビタミンEやβカロチンといったものが上げられます。
さらに、プラセンタが含んでいるSAアミノ酸の場合は、活性酸素を取り除いてくれるという嬉しい機能もあります。
SAアミノ酸は、新しいコラーゲンを生み出すよう働きかける機能があり、新しく生まれたコラーゲンがそれまでのコラーゲンと置き換わっていくと、皮膚が厚みを増し、張りのある肌を手に入れることができるのです。

Bookmark this on Digg
Pocket