プラセンタで自然治癒力をより高めていく

Bookmark this on Digg
Pocket

アトピー性皮膚炎にも効果アリ

子供がアトピー性皮膚炎を発症することがありますが、子供の場合は、成長とともに自然に治っていくケースが大半です。
それはなぜならば、子供が成長するにつれて免疫機能が高まっていくことで、自然回復へと向かっていくからです。
しかし、大人のアトピー性皮膚炎の場合にはそうではなく、慢性化してしまうこともあります。
アトピーとは慢性化してしまうと直りにくいものになってしまい、身体にとっては大きな負担になってしまいます。

プラセンタで皮膚炎を解消

どんなに皮膚炎の状態がひどくなってしまったとしても、その下のほうには新しい皮膚を生み出すという力が眠っています。
人間は新しい皮膚を絶えず生み出すという能力を持っているので、この自然治癒力を高めることが回復のための道になります。
そこで、プラセンタエキスを使って、身体の回復能力を高めてみましょう。

プラセンタの皮膚への効能

プラセンタとは胎盤を英訳した言葉であり、この胎盤から有効な成分を抽出したものが、プラセンタエキスといわれるものです。
胎児は、この胎盤から様々な物質を受け取り、成長に使っていくのです。
そのため、胎盤には様々な各種栄養素が集中しており、それを使って人間の体の回復能力を高めることが可能になります。
胎盤が人間の体にとって、胎児にとっていかに重要なものであるかを理解すれば、そのエキスを使うことがどんな良い効果をもたらすかも想像ができるかと思います。

プラセンタのもたらす人体への効果

プラセンタとは胎盤のことで、胎児が成長のために必要な様々な栄養素を受け取るための器官です。
そのため、胎盤には人間の体にとって良い効果をもたらす様々な栄養素が詰まっており、それは大人になってからも必要なものばかりなのです。

本来の胎盤としての機能

胎児は、母親の血液から酸素を受け取った胎盤を経由して酸素を受け取り、さらに胎児から炭酸ガスを排出するときにも、この胎盤を経由します。
こういった肺としての機能や、胎児が成長をするために必要なたんぱく質やアミノ酸といった代謝を高める、重要なエネルギー源を返還する肝臓としての機能も持っています。
また、胎児から老廃物を排出するときは、胎盤を通して母体に送り、処理をしてもらうという腎臓としての役割も持っています。
胎児にとって、胎盤はまさに臓器とまったく同じ役割をしているということなのですね。

胎盤の持つ免疫機能

母胎にとっては、自分の子供は自身の遺伝子を受け継いでいる存在ですが、同様に異物でもあります。
ですが、その赤ちゃんを体内で育て、出産するためには、この胎盤の機能が大きくかかわっています。
胎盤から生み出されるホルモンが、母親の免疫機構から赤ちゃんを守っているため、母親は体内で子供を育て続けることができるのです。

哺乳類は胎盤を食べる

人間以外の哺乳類の場合、母親は出産を下後に、排出された胎盤を本能的に食べるといいます。
胎盤が有している多数の栄養素を、自らに取り込もうとするためです。
つまり、同じ哺乳類である人間にとっても、出産をした後に胎盤を食べるという行為は、自然な行為でもあるのです。

Bookmark this on Digg
Pocket