スリーステップ療法とプラセンタの関係

Bookmark this on Digg
Pocket

総合的に行う療法

入浴療法、外用療法、内用療法の三つを総合して、スリーステップ療法と呼ぶことがあります。
そして、このうち外用療法と内用療法にとって大きなポイントとなるのが、プラセンタエキスという存在なのです。
この三つは、それぞれ単独で行ったとしても効果を得ることができますが、総合的に行ったほうがより高い効果を得ることができます。

アトピー性皮膚炎のタイプ

アトピー性皮膚炎と一言に行っても、その種類は一つだけではなく、様々なタイプがあります。
その人の年齢によって、症状の進行度によっても、肌に起こるトラブルは様々なものが考えられます。
もし、スリーステップ療法のうち一つだけを行っていたとしても、それで効果を得ることができないかもしれません。

入浴療法の持つ効果

首までしっかりお風呂に入るという行為は、入浴療法としてとても高い効果があります。
入浴によって、皮膚を清潔に保つことができ、乾燥肌も防ぎ、炎症を改善することにつながっていきます。
入浴の際には、生薬を組み合わせた入浴剤を用意するなどすれば、さらに療法の効果が高まることが期待できます。
入浴療法は、その人の年齢に関わらず、どの年代の人にとっても高い効果を発揮することが期待されます。

皮膚科を受診すると、アトピー性皮膚炎にはステロイド剤を治療に使うことになります。
このステロイド剤の代用として使うことができるのが、プラセンタエキスが配合された美容液になります。
一般的な美容液の中でも、プラセンタエキスが配合されたものは生理活性が高く、濃度が高いものであるほど高い効果を得ることができます。

皮膚炎のためにプラセンタを活用

肌のトラブルにはプラセンタエキス

現代社会は様々なストレスが存在していますから、それを皮膚のダメージとして受け取ってしまう人もいます。
生活習慣が大きく変わることに伴う、身体への悪影響は自分の気づかないところで進行してしまっているかもしれません。
漢方には未病という考え方があり、これは病気になっているわけではないけど、決して健康ともいえない状態のことを指します。
現代社会では、この未病の状態になってしまっている人が非常に多いといえるでしょう。

ライフスタイルの変化と自律神経失調症

生活スタイルが変わることに加え、食生活が不規則になってしまうことや、外的要因としての環境汚染なども考えられるかもしれません。
こういった様々な外的要因から受けるストレスのダメージを軽減するため、プラセンタエキスを活用することができます。
プラセンタ、つまり胎盤は、母体が受けたストレスを胎児へと与えないようにする機能があります。
プラセンタエキスをカプセルなどの形で引用し、内用療法として使うことで、身体の内側からその効能を得ることができます。

プラセンタが配合されているものの中でも、各種ビタミンやミネラルが加えられた製品を選ぶのが一番です。
カプセルの必要分を一日に二回に分けて飲み、プラセンタの効果を享受しましょう。
プラセンタ商品を探すときには、その成分表示に注意しましょう。
プラセンタエキスというのは本来は医薬品成分になるため、これが健康食品などの形で販売されている場合には、アミノ酸ぺプタイドなど主成分の名前で表示されることになります。

Bookmark this on Digg
Pocket