安心して使えるプラセンタでいつまでも若くいられる

Bookmark this on Digg
Pocket

美容効果に高い影響があるプラセンタですが、実際に使うとなると不安を感じてしまう人も多いのではないでしょうか。
自分の体にプラセンタを注入することで、何か悪い影響がないのかと思ってしまうかもしれません。
しかし、これまでの研究の歴史の中で、プラセンタの高い安全性についてははっきりと認められていますので、そこは安心して大丈夫です。
現在、日本の医療機関において使われている胎盤は、人間の本来の胎盤に限定されているのです。

プラセンタの安全性保証

日本の医療現場で使われるプラセンタは、出産をする前に安全性が検査され、保証されたものでもあります。
なので、それを使ったことで何か感染症が起こってしまったり、トラブルを引き起こすということはありません。
移植をするのだから、血液型が合わなかったら、というような不安もあるかもしれませんが、これも実は不要です。
プラセンタとして製剤する際には、そこで余分な成分はすべて除去されてしまうことになるからです。

唯一の心配はアレルギー

このように安全性が保障されているプラセンタですが、一つだけ不安要素があるとすれば、アレルギー反応があります。
この世の物質でアレルギーにならないものはないと言われているほどなので、中にはプラセンタによってアレルギー反応を引き起こしてしまうケースがあるかもしれません。
もちろん、稀なケースではあるので、それはほとんど心配しなくていいといえるでしょう。

プラセンタを使うことの副作用

プラセンタにはホルモンバランスを整えるという効果がありますので、使用をしてから女性ホルモンの分泌が盛んになることがあります。
なので、閉経をしているのに一時的に月経が復活する、などの女性ホルモンによる影響は起こることがあります。
これもある意味では副作用とは言えますが、必ずしも悪い副作用とはいえませんね。

プラセンタとはどんな意味か

プラセンタという言葉は、胎盤を英訳した言葉になります。
胎盤とは、母親が赤ちゃんを育てるときに、体内で胎児を守ってくれる重要な器官のことです。
胎児が受精卵から成長し、出産までに生命活動を続けるために必ず必要になるのがこの胎盤です。

プラセンタは成長に不可欠

胎児が母胎の中で成長をしていくために必要な栄養素は、すべてこの胎盤を経由して届けられることになります。
そのため、プラセンタにはたんぱく質、脂質、ビタミンなどの人間にとって必要な栄養素を豊富に含んでいるのです。
プラセンタを利用するということは、古代ギリシャの時代からすでに行われていたようです。
中国でも、秦の始皇帝が不老長寿を実現するための薬として用いていたという説もあるほどです。

現代のプラセンタ

現代においては、更年期症状を改善するために用いたり、アンチエイジングを促進するためにこのプラセンタを用いることが増えています。
プラセンタには、いわゆる三大栄養素といわれるものに加え、成長因子を含んでいるため、肌の質を改善するためには非常に高い効果があるのです。
成長因子は、人間の加齢とともに減少してしまうため、これが肌の老化につながってしまうのですが、プラセンタによりそれを抑制することができます。

肌に高い効果がある

プラセンタにより、メラニン色素を生み出す活性酸素を除去することができ、肌の代謝を促すことができます。
肌の老廃物の排出のサイクルが高まり、きれいで新しい皮膚を維持することができるようになるのです。
また、体内の循環を良くすることによって、身体の内部に老廃物がとどまらないように調整してくれます。

身体を丈夫にしてくれる

便秘や冷え性に悩まされている人も多いかもしれませんが、プラセンタはこういった症状にも効果があります。
内臓機能を高めることによって、身体を温め、冷え性への対策になります。
他にも、成長因子によって体のだるさ、食欲不振などの体の不調を防ぐ助けになります。

Bookmark this on Digg
Pocket